オススメリンク

新しい生活のスタート。引越しなら大阪のこちらにお任せください。対応も良く、迅速に片付けることができますよ。
事務所移転、オフィス移転や引越を依頼するならこちらにお任せください | オフィス企画
頭にタオルを巻いた男性

icon title 引越のポイント

オフィスを移転する場合には、通常は専門の引越し業者に依頼することが一般的ですが、オフィス移転については、様々な作業が必要となるため、実際にオフィスが完全に機能するまでに、複数の業者に仕事を依頼することになる場合があります。
そこで是非利用したいのが便利屋です。
便利屋はその名のとおり、殆どの仕事を引き受けてくれることから、様々な作業を依頼することが出来ます。
便利屋を利用すれば、不用品の回収からオフィスのレイアウトまで作業を委託することが出来るため、便利屋に全ての作業を一括して依頼することも可能です。
このように便利屋を利用することでオフィスの移転を円滑に行うことが出来るのです。

段ボールを持って階段

icon title 企業の職場環境

通常、企業が事業を行う場合には、必ず仕事を行うオフィスが必要になります。
大企業にかかわらず、中小企業でも賃貸物件の他に自社ビルを所有している場合もあります。
このような職場環境については、仕事の効率にも関わる重要な要素となっています。
社員のやる気を引き出し、仕事の効率を高めるためにもオフィス環境を整備することが必要となっています。
オフィスの環境を改善することで自らの企業業績を高めることも可能なのです。そのためにもオフィス移転は必要になります。

事業の拡大とオフィス
企業業績が順調に推移した場合には、事業の拡大を行うことが多いため、人員の増員を行うことが多くあります。
この場合、オフィス環境についても人員の増員に合わせていく必要があり、オフィスを拡大していくことになります。
実際に人員に合わせた適切なオフィスを選択することで、社員の意識の向上を促すことが可能であり、組織の改編と合わせてオフィスの移転を行うことが効率的な場合が多くあります。
このため、事業拡大の時期を見極めてオフィスを探し始めることが重要になります。

置かれた段ボール

icon title 移転のスケジュール

また継続中の事業がある場合は、その事業に影響が及ばないようにスムーズに移転を完了させることになります。
一般家庭の引越しとはスケールが違うオフィス移転の場合、少なくとも3ヶ月前から準備に入る必要があります。
移転のためのスケジュールを組んで、それぞれの担当スタッフを決めて組織的に動くことになります。
例えば、移転通知の連絡先をチェックするスタッフや、引っ越し業者との連絡を担当するスタッフなどを事前に決めておきます。

便利屋の活用法
大きな所帯のオフィスの場合は1日で移転するのは無理です。
その場合は各部署毎に移転スケジュールを立て、お互いの社員の協力体制を作って組織的にやることになります。
移転後のオフィスの片付けや、移転先の清掃などは便利屋などに依頼した方がスムーズに進みます。
すべてを社員だけやろうとすると、事業にも影響を及ぼすことになります。
オフィス移転の場合は、簡単な作業は専門の業者にまかせるといった分業方式の方が、結果的にはうまくいきます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031